選手控室に監禁緊縛され嗚咽を漏らしまくる競泳メダリスト

ハーフスーツ(スパッツ型)

これはとある競泳大会会場での出来事である。大会に優勝した矢先、何者かによって連れ去られてしまう競泳選手の洋子。気がつくと競泳水着姿のまま猿轡され緊縛拘束されている自分に気が付く彼女。助けてと必死に漏らすもののその声は届かないのである。

東京緊縛 コスプレボンデージ1

■作品情報

メーカー:Tokyo Bondage Review
出演者 :北澤洋子
収録時間:40分48秒

作品のあらすじ 

受難の競泳メダリスト。競泳大会の優勝者の洋子が怪しい男に会場からさらわれてしまう。気がつくと競泳水着姿のまま見知らぬ部屋で柱に縛り付けられていた洋子。男が洋子に近づき、口に赤いボールギャグを押し込んでベルトで厳重に締め上げます。口元から流れる涎が洋子の競泳水着を濡らし、洋子は恥ずかしさに苦悶し呻き声を漏らす。

競泳選手のあの引き締まった身体をじっくり堪能するべく、誰もいない密室に連れ去って拘束監禁して観賞するといった背徳感溢れる内容。

どうも、こにゃにゃちわ。なまにくです。

 

競技用で試着しているアスリート競泳水着を穿いた選手に興奮したことってありますでしょうか。私はもっちあります。

競技用水着を着用した選手が飛び込み台に向かって歩くシーンから、飛び込むシーン、退場するまでのシーンはどうしてもじっくり見ちゃうタイプです。

 

行進するときのあの引き締まった太もも美脚っぷり、飛び込む際のかぶりつきたくなるお尻ッぷり、退場する際の濡れて引き締まった競泳ボディライン・・・競泳水着全てのフェチが集約されているといってもいいシーンではないでしょうか?

帽子にゴーグル、スパッツタイプの競泳水着は競泳選手のマストアイテムともいえますね。競泳選手のもがき苦しむ緊縛シーンを紹介しておきますか。

ベルトで締め上げられもだえ苦しむ競泳アスリート

誰もいない空き部屋で監禁され猿轡される洋子。

開放してほしいとばかりにジタバタするものの、長時間もがけばもがくほど荒縄がアソコに食い込み、締め付けの強い競泳水着によってさらに食い込み嗚咽を漏らすといった地獄絵図・・・競泳好きの方なら誰もが興奮してならないシチュではありますね。

きつく締め付けられた荒縄の快楽から逃れられるわけもなく、アソコが愛液まみれでぐちょぐちょになるのは時間の問題。

 

ふふふ・・・洋子・・・もっと僕を楽しませてくれ。誘拐犯は楽しそう悶える彼女を遠くからじっくり鑑賞していたのだった。

東京緊縛 コスプレボンデージ1 購入

 

テキストのコピーはできません。