彫刻のように美しすぎる!美術館に飾られた水球スタイルの競泳乙女

ウォーターポロ

誰もいなくなったとある美術館に飾られたウォーターポロを着用した彫刻を手入れする警備員。リアリティに作られたかのような生身の競泳乙女に花を添えると動き出し、警備員の指示されるがままに動きます。それらの仕掛けを知った彼は彫刻を侍従自在に動かし続けたのだった。

競水近代美術館 Vol.1

■作品情報

メーカー:green label rise
収録時間:56分

裸体像よりもリアリティ溢れる競泳乙女像

競水近代美術館 Vol.1 1

格式の高い美術館。その中生身の女性とも思える「競泳乙女」とでもいうべき彫刻を厳重に管理する警備員。

 

競水近代美術館 Vol.1 2

その彫刻に触れようと近寄った男を制止する警備員。面白くなさそうな顔をしながらその場を去る男性を横目に、ゆっくりと足音を立てながら彫刻に近づく警備員。

 

競水近代美術館 Vol.1 3

彫刻に添えられた花を取り上げると、ゆっくりと動き出しながらポーズを決める彼女。

 

競水近代美術館 Vol.1 4

警備員の支持されるがままに様々な際どいポーズを決める彼女。競泳ラインに沿った曲線美溢れるスタイルと見ているだけで思わずムラっとしてしまうフェテッシュなものがありますね。

 

競水近代美術館 Vol.1 5

着用しているものも実にマニアックで、ミズノ製の水球水着にアシックス製のハイドロSPを含めた競泳水着を着用しながら際どいポージング・・・触らずにはいられません!花を添えるまで、警備員に好き放題犯されながら済ませたところでお花を添えて元に戻したのだった。

まとめ

競水近代美術館 Vol.1 6

いやらしそうな目線でじっくりと見つめながら、彫刻に近寄る男性のあのアホそうな表情がいいですね。「もう、まんまスケベ心丸出し」状態でじっくり見ているところが。まぁあんな像が近くにあっただけでそりゃもうあんなになるのは当然と言えば当然ではありますね。

リアリティ溢れる「競泳乙女」像を題材にしたサンプルムービーは下記から見えるぞ♪

競水近代美術館 Vol.1 購入

 

テキストのコピーはできません。